肌が乾燥していると感じたら、保湿クリームかワセリンを

 

まず、よく育児雑誌に、生まれてすぐから保湿を!という広告が載っていますが、
いろいろな皮膚科に行きましたがそのようなことは言われたことはありません。
特に乾燥していないときは、特別処置は必要ないそうです。

 

そして、少しでも肌が乾燥しているな、と感じたら、市販のベビー用保湿クリームを全身に塗ります。
うっすらではなく、べとべとでもなく、きちんと保湿できている量でしっかり塗ります。

 

それでも改善しない、もしくはひどくなるようだったら、ワセリンを塗ります。
保湿クリームは、あまり合わない子供がいるのも事実です、その場合はワセリンを試してください。

 

ワセリンはクリームよりも保湿効果が高いうえ、薬剤などの余分な成分も入っていないのでお勧めです。
ワセリンは、塗りすぎるとべとべとなってしまうので、きちんとしっかりした量を伸ばして塗ります。

 

そして、これが一番重要なのですが、お風呂から上がってなるべく早く塗ってあげてください。
私は、目標3分で行っています。

 

3分と聞くと、体をふいてあげたりしているとあっという間に経ってしまう時間ですが、
お風呂上りが一番乾燥しやすく、一刻も早く塗ってあげないと、皮膚はどんどん乾燥してしまうのです。

 

なので、できれば5分以内には全身に保湿剤を塗ってあげられるようにしてほしいです。
保湿剤を塗る際、逃げてしまう子が結構いて大変だと思います。

 

賛否両論別れるやり方だと思いますが、私は、風呂上りにヤクルトを飲ませ、その間にささっと塗ってしまいます。
毎日無理やりしていると、親が疲れてしまうので、工夫を凝らしながらやることをお勧めします。